ほうだい!

砲台のガワ的な機構が完成しました。

今後は実際にコイルガンの搭載をし、ボールの打ち出しについても考えなくてはなりません。
InRoFで使われているボールはとても摩擦が高いため、そこをどうまっすぐ勢いを失わせずに飛ばしていくかが課題となります。

次回からは砲台の詳しい機構について紹介していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です