懸架装置(サスペンション)

どうもオータケです。前回アルミアングルを切り出していくと書いてしまいましたが、その前にサスペンションについて紹介します。

足回りですが、今回は4点接地の予定のため、ガワの精度や競技台の歪みの影響でタイヤが浮いてしまうことがあります。

ですので今回は動輪にサスペンションをつけることで対処しようと思います。そこでこんな部品を旋盤という機械を用いて削り出してきました。

サスペンション機構

次回こそ切り出したアルミアングルを紹介します。それでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です