もー、いくつねーるーと大学祭

スラマッマラム N.C.です。

 部員の多くが部内InRoFの準備をしている中、大学祭の準備に入りました。
といっても、InRoFの準備が終わったというわけではなく、単に部内の催しに参加しないだけです。どう考えても間に合いません。
そこで、逃避行動として、学際準備というわけです。しかし、最近あまり時間がないため、わりとギリギリかもしれません。
 今年も、去年のネタで行きたいと思います。しかし、去年の回路をそのまま使うつもりはありません。さらなる進化を目指すつもりです。去年のものは、応答が非常に遅いという欠点がありました。あれは、共振周波数20kHzでQ値が非常に高い共振器を使った(FPGAで実装)ため、信号が減衰するのに非常に長い時間がかかってしまい、スキャンを遅くせざるを得なかったためです。今回は構成を工夫してもう少し速くスキャンできるようにしたいと思います。しかも、FPGAは使わない予定です。細かい設計はまだですが、回路の概要は半分ほど決まっています。その辺はおいおい紹介していくことにしましょう。
 あー、ガワはどうしよう。作りかけのホバークラフトにしようかなぁー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です