カメさんの頭部の取り付け

カメ型ロボットTMRTのガワを担当しているハラダです。

足回りが完成し、頭部も半分ぐらいできたので、次に足回りに頭部を固定していきます。構想では移動中に頭を収納し、亀の甲羅状態で移動することになっているため頭部全体を横に回すサーボモータを首の付け根となるパーツに取り付けました。そいつを厚さ2ミリ、20×20mmのアルミアングルで作った支柱に固定。これで、首の付け根が完成です。これから頭と首をつないで、亀の頭部がロボット本体にくっつくことになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です