受けてみよ、1kJの一撃を…!

前回は溶接だけで終わってしまいましたが、今回はしっかりと発射できました。

まずはその成果を

はい。アルミ缶にある黒くて丸いモノは模様ではなく穴です。この記事では先端の平らなプロジェクタタイルを紹介していますが、今回の実験では、五寸釘から先端をとがらせたプロジェクタタイルを作って飛ばしました(本番は先端の平らな方を使います)。この実験中は先輩方も怖がっていて、中にはフルフェイスヘルメットをかぶる先輩(某I先輩)までいました。

やはり半導体スイッチの方が効率がいいようで勢いよく加速されました。結構エネルギーがあるように見えますが、InRoFのボール(30g)を飛ばすとなるとエネルギーが足りないかもしれません。なので、ガワがある程度完成してから、もう一度実験をします。

この実験が見たい場合は部室までどうぞ。20分くらいで装置のセットアップが完了します。月曜の放課後(3限目以降)と、土曜には実験を行える者(Shiozaki)が必ず待機しています。それ以外の日も出来るだけ部室にいるようにするので、運がよければ見られるかも。どうしてもみたい場合はwelcome(AT)t-semi.orgまでメールをください。

タイトルの元ネタが分かった方も是非。

By Shiozaki

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です