ほうだい!!

唐突ですが、砲台の機構について説明したいと思います。

今回は砲台を上下できるようにしました。まずはその回転に使うモーターです。

Hitec製のHS-805BBというサーボです。普段よく使われるサーボに比べれば、サイズも力もかなり大きいものです。また回転軸を固定するために、真鍮を削り出してセットカラーと呼ばれる部品も旋盤で削り出しました。

次に、回転の軸受に使ったボールベアリングです。ベアリングについてはこちら。外形が10mmなのですが、9.9mmの大きさで穴をあけ、ハンマーで打ちこんで固定してあります。

ベアリング

最後に、軸が左右にずれないように固定するためのセットカラーです。ベアリングの内側にも外側にもセットカラーが触れると、ベアリングがうまく回転しなくなってしまうため、内側だけに接するように、サーボモータと軸をつなぐためのセットカラーとは違い、突起をつけてあります。

次は、砲台にボールを取り込むためのアームを作っていきます。

by Ohtake

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です